berublog

バイク ✕ クルマ ✕ キャンプ

2022年新型スーパーカブ110で行く北海道ツーリング!その7「幽霊とヒグマの恐怖に怯えて」

おはようございます。

ライダーハウスでの朝がやってきました。

 

 

海鳥がうるさくて眠れない

 

実は2:30ぐらいから宿の屋根にいる海鳥が走り回って宿の天井から「ドカドカ!ドン!」と凄い音がしていました。

 

それに加えて「くぇー!!」と一匹が叫び始めると他の海鳥も呼応するように「クエ!クエ!」と鳴き始めて殆ど寝れませんでした(笑)

 

 

朝、4:30頃になんとなく宿の外に出て散歩をしてみる。

 

「寝れないから出発しようか?」と考えてみたのですが霧のような雨が降っているので出発は諦める事に・・・。

 

仕方がないので宿の中で出発する準備は済ませておいてブログを書くことにします。

 

1記事書いた頃にはちょうど2時間ぐらい経っていて外に出ると少し天気がマシになっていました。

 

 

 

とある御夫婦との約束

 

実は数日前に昨年、留萌のキャンプ場で知り合った御夫婦に「北海道にいるならまた留萌で会おうよ」とFacebookから声が掛かっていたのです。

 

(その御夫婦に出会った時の記事です↓)

beru900r.hatenablog.com

 

誘ってもらったりしたことはなるべく断らずに行こうと思っているので「分かりました○○日に留萌のキャンプ場で会いましょう!」と約束をしました。

 

なので明日の夜には留萌のキャンプ場にいなくてはいけません。

 

 

グーグルマップで確認すると距離は約400km・・・。

なかなかの距離です。

 

 

 

雨に振られて震えが止まらない

 

あまりのんびりもしていられないので、とりあえず出発することにしました。

 

 

出発するとすぐに小雨が・・・。

 

気温も20℃ぐらいで雨に濡れるのと、風が当たる事で体温がどんどん下がって身体がガタガタと震え始めました。

 

「これはたまらん・・・」とセイコーマートに駆け込みました。

 

 

スーパーカブの前面についているレッグシールドのおかげで足はあまり濡れませんが上半身はベチョベチョです。

 

とにかく寒くて「こうやって北海道の山では夏でも低体温症で亡くなる方がいるんだな・・・」と実感するほどでした。

 

あまりお腹は減っていませんでしたが「温かいものを身体に入れよう」とラーメンを購入。

 

 

じっとしていると寒くてしょうがないので立って小さくスクワットをしながらラーメンを食します(笑)

 

朝の通勤でセイコーマートに入ってくる人達に「なんだこいつ?w」という目で見られますがそんなの関係ありません。

 

ラーメンを食べ終わったあともまだまだ寒かったので「店員さんにお願いして熱湯をもらおう・・・」と乞食のような発想が思いつきました。

 

店員さんに「すみませーん、身体が冷え切って死にそうなのでさっき買ったカップ麺の容器に熱湯をもらっていいですか?」と聞くと「全然、良いですよ!」と言ってもらえたので容器にたっぷりの熱湯を入れさせてもらう。

 

口を火傷しそうになりながら飲んでいるとだんだんと身体も温まり震えが止まりました。

 

 

 

キャンプ場で幽霊とヒグマに怯えて

 

今日は本当に天気が悪く、どこの観光地にもよらずに明日の夜に留萌に間に合うよに走るだけです。

 

マップをみて今夜の寝床を探していると良さそうなところがあったのでそこに向かうことにします。

goo.gl

 

キャンプ場のすぐそばにセブンイレブンがあったので買い出しをしてキャンプ場へ。

 

受付などもなく無料なので、すぐにテントを張ることにします。

 

バイク置き場のすぐ脇がサイトなので荷物の移動がなくて助かります。

 

離れた位置に他のテントが二張だけ。

今夜は静かな夜になりそう・・・

 

さっそく晩ごはんにしましょう。

コッヘルの下にロースターを敷いてウインナーを炒めます。

こうすることで熱が分散されるのでコッヘルが焦げ付きにくくなるのでオススメですよ。

 

↓これをコッヘルの下に敷いています。

 

ウインナーをもぐもぐ食べながら今日はコンセントがないので一昨日に漁師さんからもらった太陽光発電を初めて利用してみます。

 

曇っているのにスマホにつなげるとすぐに充電が始まって「おお、凄い!」と関心してしまいました。

「漁師さんありがとう」

 

ごはんを食べ終わった頃にはすっかりと暗くなってきたのでテントの中に入り、スマホをイジってTwitterなどを楽しんでいました。

 

22時ぐらいでしょうか?

「もう寝ようか・・・」と思っているとテントの直ぐ側(感覚的にはテントのから10cmぐらい)から

 

「おい・・・おい・・・」

 

と、声が聞こえました。

 

明らかに直ぐ側からの声だったので「何かやらかしたか?」と感じて「はーい、何でしょう!?」と言いながらすぐテントを飛び出しました。

 

 

「は・・・!?」

 

外に出ても誰もおらずゾゾゾ!!!と寒気が背中を走り抜けました。

 

年に一度ぐらいキャンプ場で不思議体験があるのですが「またかよー」と久しぶりの霊的な何かを感じ、不安もあったのでTwitterにその事を呟いたら・・・

 

「ヒグマって鳴くとオッサンがオーイ、オーイって言ってるように聞こえるそうですよ」

 

とリプライがあり、さっきまで霊的なものに怯えていたのに加えて物理的な恐怖も追加されます(笑)

 

「でも、まあ熊なんて中々でないでしょ・・・」と北見市のホームページを確認してみると・・・

 

www.city.kitami.lg.jp

 

↑つい最近も何度も目撃されてるやん(^_^;)

 

もう笑いが止まりません(笑)

 

お酒も飲んでいるのでバイクで移動することも出来ず、もう覚悟を決めてスマホから音楽を少し大きめに流して寝ることにしました・・・

 

つづく

 

 

 

 

今、この動画をみたのですがこの声にそっくりでした(^_^;)

 

youtu.be

 

関連記事

 

beru900r.hatenablog.com

 

beru900r.hatenablog.com