beru's blog

バイク ✕ キャンプ ✕ クライミング

あれから3年9ヶ月 東日本大震災の現状 日産モコで行く車中泊の旅 その3

12月30日 5時に起床

歯磨き、朝食をパンで済ませる

道の駅おおさとを出発して石巻

f:id:beru900r:20150104152956j:plain

すこし早すぎたか

石巻についてもまだ暗い

 

f:id:beru900r:20150104153218j:plain

 

車の中で空をぼんやり眺めていると明るくなってきた

 

f:id:beru900r:20150104153421j:plain

石巻の献花台

 

f:id:beru900r:20150104153455j:plain

 

f:id:beru900r:20150104153544j:plain

ここも見渡すかぎりの家の基礎が残る野原となっている

少し前にこの場所に街があった

 


石巻市 津波 TSUNAMI JAPAN 3.11/2011 - YouTube

 

石巻市の門脇小学校に到着

f:id:beru900r:20150104154347j:plain

屋上付近まで津波の被害が見て取れる

この裏に高台があり校長が大半の児童を誘導し難を逃れた

f:id:beru900r:20150104155047j:plain

校舎裏側

 

目に見える物から当時起きたであろう事を想像していると朝日が登ってきた

 

f:id:beru900r:20150104155630j:plain

 

f:id:beru900r:20150104155736j:plain

石巻に朝日が登る

どんな場所にも平等に時間は過ぎていく

 

女川地区に移動

f:id:beru900r:20150104160126j:plain

 


【東日本大震災】女川町の津波到達を記録した動画 - YouTube

 

女川中学校の校庭には石碑が作られていた

f:id:beru900r:20150104160544j:plain

 

f:id:beru900r:20150104160622j:plain

紙媒体に残しても水や火に弱い、デジタル化して拡散しても電気がなければ意味が無い

こうした石碑にすることで100年200年と後世に伝えることが出来る

石碑を自然災害が合った場所に作るべきなのかもしれない

地震の恐ろしさを童謡などにするのも、後世に伝えるためのもう一つの手段なのかも・・・

 

 

女川町民野球場に移動

f:id:beru900r:20150104161120j:plain

 

ここに入った時は「あれ?仮設住宅にはいっちゃった」と思ったらスコアボードが目に入った

 

f:id:beru900r:20150104161215j:plain

 

球場にアスファルトをひいてそこに仮設住宅街があった。

仮設住宅のすぐよこに観客席があり、初めて見る光景に驚いた

 

f:id:beru900r:20150104161819j:plain

少し離れた高台から見た女川の街

この手前に見える湾から津波が侵入し女川を襲った

10mの高さのビルの屋上に避難した人たちも飲み込んだ

 

 

そして大川小学校に移動

f:id:beru900r:20150104162310j:plain

f:id:beru900r:20150104162344j:plain

f:id:beru900r:20150104162408j:plain

f:id:beru900r:20150104162453j:plain

裏山に避難しようという児童を教員が木々などが倒れるから危ないかもしれないと意見が一致せずに逃げるのが遅れたようだ

 


なぜ子供たちは避難できなかったのか? 大川小学校より - YouTube

 

f:id:beru900r:20150104163246j:plain

慰霊碑の前に作られた天使の石像が大川小学校に手を広げていた

 

車が続々とやってくる

関西、関東、北海道と色んな地区のナンバープレートをつけている

 

僕も買っておいた線香に火を付けて亡くなった方々に祈りを捧げた

 

 

 

そして南三陸

あの有名な防災庁舎

f:id:beru900r:20150104164119j:plain

防災庁舎 遠藤未希さんの悲劇・南三陸町

 


東日本大震災 宮城・南三陸町住民救った「高台に避難してください」遠藤未希さん - YouTube

 

f:id:beru900r:20150104164746j:plain

ここでも焼香

 

ここらへんで少し心が疲れたような錯覚が・・・

自分で選んで自分で決めて来たはずなのに

続けざまに被災地ばかりを見ていると胸が締め付けられて辛くなってきた。

 

 

すぐそばに仮設の商店街があるそうなのでそこに行ってみよう


南三陸さんさん商店街

 

 

続く

 

虹の向こうの未希へ

虹の向こうの未希へ

 

 


大きな地図で見る