beru's blog

バイク ✕ キャンプ ✕ クライミング

台湾ツーリングを振り返って3 現地の宿泊施設の探し方

台湾ツーリングに行く前に悩んでいたのが泊まるところ

バイクでまわるので突然パンクとかしたら予約しているホテルに泊まれなかったりするので

”予約”が問題でした。

キャンセル料はらうの嫌だしね


ちょっと恐いけど野宿でテント泊でもしようかな?と思っていたんですが

誰に相談しても「やめろ!」と言われるのでホテルや民宿に泊まる事にして出発しました。


あ、でも台湾人の友達は「ホテル予約しないと泊まれないよ」と言うので

色々悩んだ結果”1日目と最終日だけはホテルを予約しておこう”と思いついて実行しました。


初日はドミトリーに始めて泊まりました

f:id:hukuote:20121229205440j:image:w640

ちょっと緊張してたのですが

バイクでフェリーに乗って北海道に行く人間にとってはなんの違和感もなく泊まれました。

フェリーの二等寝台と同じような感覚ですね。

泊まってる人も”観光しにきた”と目的が同じなのでビールで乾杯して話しがはずみました。

本当にドミトリー面白いです、ビビらずに利用してください。




ああ、ちょっと話しがそれました

宿泊施設の探し方なんですが1つはAGODAというサイトを使いました↓

http://www.agoda.com/ja-jp/

世界各国で使えるので海外旅行好きの方はほとんど知ってると思います

ただアゴーダでヒットするのはある程度立派なホテルだけっぽいです
(とはいってもラブホテルやドミトリもヒットするけど)

アゴーダでヒットしない安宿は各地方都市には大量にありましたので

正直あまりAGODAにはお世話にならなかったかもです。



えー、僕は台湾にて

高雄
・台東
・羅東
・台中
高雄
台北

と、泊まったのですが台北以外はどこの都市でも泊まれました。

しかも年末の29日~年始の4日等の繁盛記でも

もちろん一日に付き2件ぐらい「もう部屋が空いてないよ」と断られる事もあったけど

ホテルの従業員やオーナー達が日本人と分かると違うホテルに電話して聞いてくれたりして

1時間もあれば簡単に見つかります。

しかも僕の場合、探してもらってる時に「一泊1200NT$までね!」と注文を付けてたりして

Oh cheap! とかと言われ苦笑しながらも探してくれました。


でも、探してくれない人ももちろんいるからその時はバイクであっちこっち走り回れば

すぐ見つかるとおもいますよ。

最悪、温暖な気候なので寝袋なしでも野宿出来るなーと思ってたからある程度心の余裕があったけど・・・


ここで台湾のホテルの見分け方なんだけど

・HOTEL
・大飯店
・旅館
・民宿

こんな書かれ方されています。

大飯店は良いホテルが多いけど名前だけで1000NT$(3500円ぐらい?)で泊まれるような

ホテルも多かったです。

”大飯店”って看板を掲げたいのでしょうね(笑)

民宿は本当に民宿って感じが多かったです。


つまりバイク乗りやバックパッカーはとにかく地方都市にさえ行ってしまえば

何とかなると思います。

ただ女性は危ないのでなるべく予約していきましょう

男はなんとかなるでしょう(笑)

ホテル探しも現地の人と一杯喋って楽しみましょう!


ああ麗しの安宿達よ・・・・

I'm sorry
I do not have a reservation.
Can I stay tonight?

f:id:hukuote:20121231175850j:image:w640

f:id:hukuote:20130607172915j:image:w640

f:id:hukuote:20130607172914j:image:w640

f:id:hukuote:20130607172913j:image:w640

f:id:hukuote:20130607172912j:image:w640




ブログランキングに参加してます。

下のランキングバナーを一日一回ポチってくれるとランキングに反映される仕組みになってるみたいです。

励みになりますので良かったらお願いしますm(__)m。

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ