berublog

バイク ✕ クルマ ✕ キャンプ

実燃費は?乗りやすさは?モデルチェンジした2022年式新型スーパーカブ110(JA59)を購入して感じた事5選

この記事は移転しました。約2秒後に新記事へ移動します。移動しない場合はココをクリックしてください。


 

 

 

こんにちは!

2022年式の新型スーパーカブ110を購入したベルです。

 

今回は納車から約3週間で1500kmを走った僕がスーパーカブ110に感じた事を書いていこうと思います。

 

ただし、普通にレビュー記事を書いてもしょうがないので「BMWのR1200GSAからスーパーカブに乗り換えた人間がレビュー記事を書く」とさせてください。

 

それでは行ってみましょう!

 

 

 

スーパーカブ110の最高速は?快適に巡航出来る速度は?

 

R1200GSAから乗り換えて強く思った事があります。

それは「あれ?原付き二種ってこんなに遅かったっけ?」という事。

 

正直なところ購入前は110ccもあれば十分!交通の流れに乗っていけるだろうと想像していたのですが実際のところは全然ダメでした。

 

加速については信号が青になってアクセルを回せば十分流れに乗れるのですが時速60kmあたりでエンジンが

「ぶううううん!!!」

と唸っていて本能的に「あ、これ以上エンジンを回すと可愛そう・・・」と思ってしまいます。

 

なので北海道ツーリング中でも時速60km以上出そうという気にはなれませんでした。

 

おそらく最高速は時速80kmぐらいは出ると思うのですが僕は時速70kmを出したあたりで「これぐらいが限界かなぁ?」と思いました。

 

なので、交通の流れに乗れるか?と聞かれれば「無理」と思います。

 

感覚的な事をいうと「やっぱり原付きなんだな」と感じました。

 

 

キャストホイールのせい?段差を超える時のショックが凄い

次に思ったのが段差を乗り越える時のショックが凄い事です。

 

北海道ツーリングで何度も痛い思いをしたのですがマンホールや道路の継ぎ目みたいなのを乗り越える時に「ドガン!」と凄まじいショックが来ます。

 

サスの性能が悪いのかキャストホイール化してショックがダイレクトに伝わるようになったのか、とにかく衝撃が強すぎて「お年寄りだったら衝撃で入れ歯外れるんじゃないのこれ?」と思うぐらいです(笑)

 

先程、上の項目で快適な巡航速度について「時速60kmがちょうどいい」と書きましたがこれはサスペンションの性能も含めての意味です。

 

つまり70で巡航しようと思えば出来ますが「その速度で段差を拾ったら・・・」と考えると僕にはとても恐ろしく思えます。

 

 

R1200GSAと同等?思ったよりも積載能力がある

北海道ツーリングの準備中に思ったのが「思ってたよりも荷物が乗るな...」ということ。

 

元々、大型のリアキャリアがついているのですがここに写真のようにプラスチック製のコンテナとTANAX製のツーリングバッグが重ねる事が出来たのが大きいですね。

 

オプションでフロントキャリアも付けたのですがこのままでは使い勝手が悪く「軽いシュラフやロールマットぐらいしか固定できないのでは?」そんなふうに思いました。

 

まだ本気を出せばセンターキャリア(ベトナムキャリア)↓

これを取り付けると股の下にも荷物が置けるし更に

 

サイドバッグサポート↓

これを付けるとリアキャリアの左右に振り分けバッグを付ける事も可能になります。

 

感じたのが「本気を出せばR1200GSAとそんなに積載能力が変わらないかも...」ということです。

 

 

思ったよりも距離を伸ばせる!カブの恐ろしい実燃費

新型スーパーカブはガソリンタンクの容量が4.1Lしか無く「北海道ツーリングで予備タンクがいるかな?」と思って不安なままに北海道入りしたのですがそんなに心配することはありませんでした。

 

上の写真は約220km走った時に給油した時の領収書ですがたった2.88Lしか入りませんでした。

(ちょっとしか入らないのでスタンドのお兄さんがギリッギリまで給油しようとしてくれます(笑))

 

計算すると大体1L=75km。

単純計算すると満タンにすると300kmは走れる事になり、個人的に新型スーパーカブ110は別に予備のガソリンタンクは要らないと思いますね。

 

あと、感じたのが経済的ですね。

毎日200~250kmを走って一回の給油が大体500円前後。

安いガソリン代のお陰で食事を贅沢にしたりすることも出来ました。

 

 

購入に至った一番の理由。可愛すぎる見た目

もうこれは自分が感じる事でしかないのですが可愛くないですか?新型スーパーカブ110。

 

昔のカブの良さを残しつつもLEDヘッドライトだったり、セルとキック両方のスターターが付いていたりと便利さも格段に上がっています。

 

 

スポークホイールも味があってとても良いのですが僕はチューブタイヤ交換の大変さを知っているので、できればチューブレスが良いんですよね。

 

 

市場ではホワイトやイエロー等の淡い色が人気のようですが僕はこのグリーンにSP武川のキルティングシート↓を付けているこのカブが大好きです。

 

色々と不満もありますがこの可愛い見た目で全部許せてしまってます。

 

まとめ

新型スーパーカブ110(JA59)を買って約3週間、おおむね満足しています。

 

ただ、やっぱり「大型バイクを降りてコレ1台だけでバイクライフは満足ですか?」と聞かれると僕にはちょっと厳しいかな?

 

「カーブの立ち上がりでリアの荷重を感じながらゆっくりとアクセルを開けていく」といったような”マシンコントロールをする喜び”は殆どありませんし...

 

経済的に余裕がある人にとっては最高のサブバイクになるのでは無いでしょうか?

 

あとはバイク初心者にもオススメですかね、オートマ免許でも乗れちゃいますよ!

 

そんな感じです!

以上、おしまいヽ(=´▽`=)ノ

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

 

beru900r.hatenablog.com