berublog

バイク ✕ クルマ ✕ キャンプ

2022新型スーパーカブ110を北海道ツーリング仕様にする。スマホの為の電源

この記事は移転しました。約2秒後に新記事へ移動します。移動しない場合はココをクリックしてください。


 

 

 

 

こんにちはベルです。

 

明日、とういか今日なんですけど舞鶴から北海道に旅立つことになりました。

 

そこで納車されてホヤホヤのスーパーカブ110に色々と手を入れていくことにします。

 

※以下に書いてあるのは私が自己責任の元で改造している無いようなので決して真似をしないようにお願いします。

 

まずはもはや現代の必須アイテムである「スマホホルダー」の取り付けですね。

 

ミラーに挟み込むタイプのステーと以前のバイクから愛用していたのを取り付けました。

 

 

次はアクセサリー電源の取り出しです。

 

ハンドル周りにはACC電源を取れるところがなさそうなので素直にキーシリンダー下の配線から取ることにしました。

 

 

フロントのパネルは指をさしている先の一本のプラスのビスを外すだけで簡単に外れます。

 

 

古いカワサキのバイクなんかはキーをONにしてるあいだに12Vの+がクラクションに来ていたので「ホンダも同じかな?」と思ってテスターを当てて見ましたが両方の配線ともに来ていませんでした。

 

おそらくカワサキと違ってクラクションは+側で制御されてるようですね。

 

仕方がないのでキーシリンダーで電圧を測ってみます。

 

右上の「赤黒」と左下の「赤」がキーをオフしていても常に+の電気が来ていました。

いわゆるバッテリー直のラインですね。

(ただ、バッテリー直のラインが2つも要らない気がするので二本に分けているのは何かしらの意味があるのだと思います。電気図面がないのでなんとも言えませんが・・・)

 

左上の「黒青」と右下の「黒」がキーをオンにした時に+が流れるACCのラインです。

 

今回はこの「黒青」の線から+を分岐させてUSB充電のラインを構築しようと思います。

 

さっそく配線を切って・・・と考えていたんですが割りとギチギチに配線が固定されているせいかレッグシールドが邪魔で作業が出来ない・・・

 

結局レッグシールドまで外して1時間ぐらいでACCラインから分岐線を出すことに成功。

 

USB充電の部品は今日の朝にAmazonから届くのでそれを取り付けたら舞鶴に出発です(忙しいw)

 

他にも作業はあり。

荷物はリアキャリアに乗せるのですが僕の身長(175)だとシートの後端にお尻が乗るので背中と荷物があたって不快です。

 

その為にリアキャリアを延長してるところ・・・

 

分かります。

おっしゃりたいことは分かります。

「木の板で延長って適当やな!」って事ですよね(^_^;)

 

僕も時間がないので泣く泣くです。

 

どうか荷物が落ちない事を祈っておいてください(笑)

 

それでは!また!

 

 

 

 

 

 

関連記事

 

beru900r.hatenablog.com