berublog

バイク ✕ クルマ ✕ キャンプ

未経験でも大丈夫?WEBライターの方と飲みに行ってきました。

こんにちはベルです。

 

僕は今、WEBライター(文章を書くお仕事)を目指しています。

ですが、実際はこのブログしか運営しておらず企業の仕事を請け負ったことはありません。

 

「やっぱりプロの意見を聞いてみたい」と思っていたところ知人であり映像制作の会社の社長がプロのWEBライターさんとの飲み会をセッティングしてくれたのです。

 

そこで聞いたり教えていただいた事を書いていこうと思います。

 

 

 

お会いしたWEBライターさんはどんな人?

お会いしたWEBライターの方は月に100万とかを余裕で稼いでいる方でした。

 

年齢は聞くのを忘れたのでよく分からないですが20代~30代前半ぐらい。

とてもオシャレで会った瞬間は「モデルさんみたいだなぁ」と感じました。

 

2年ほど前に会社を辞めて個人事業主として今は頑張っているそうです。

ここからは「Dさん」と表現していきます。

 

WEBライターの始め方って?

お会いして素直にWEBライターの初め方を聞いてみました。

 

意外な事に「ツイッターで仕事を取っています」という回答。

 

僕のイメージではココナラやクラウドワークスで仕事を受けているのかと思っていました。

coconala.com

 

crowdworks.jp

 

なぜ、ツイッターなのか?とお聞きすると「手数料が高すぎる」との事でした。

確かに報酬の20%が天引きされるのって大きいですよね。

 

ただ、ツイッターで仕事を受けるのは悪い人とかも居るらしいので、まずは上に上げたクラウドソーシングで慣れる事を勧められました。

 

ブログと企業案件の比率はどれぐらいなの?

Dさんに「オウンドメディア(ブログ)と企業案件との比率をおしえていただけますか?」と聞くと驚きの回答でした。

 

Dさん「全て企業案件です」

ベル「え?ブログは全然やってないんですか?」

Dさん「ブログはもう大企業が軒並み参入してしまって僕らみたいな個人が勝てる訳がないんです」

 

この回答にはびっくりしました。

まだブログに可能性を感じていたのですがすっぱりと「ブログはもう、ありえないですね」とスッパリ。

 

Dさんは企業から仕事を受ける以外にもコンテンツ販売(Dさんのオリジナルの商品や情報商材等)というのもされていてそちらでも収益を上げているそうです。

 

まとめ

最後に「ライターとしてやっていけますかね?」と聞かせてもらうと「お話している感じだと全然大丈夫だと思います。がんばってください」と言ってもらえました。

 

その言葉をいただいてホッとしながら自宅に帰ったのですが「冷静になったら目の前の人に貴方は無理ですって言うわけないよな・・・」と現実に気付きます(笑)

 

とにかくもう一歩を踏み出していくしかないですね。

連休があければ開業届を出したりしないといけないのでやることが沢山です。

 

今後、どうなることやら(^_^;)

 

以上

おしまいヽ(=´▽`=)ノ

 

 

 

 

関連記事

 

beru900r.hatenablog.com