berublog

バイク ✕ クルマ ✕ キャンプ

設置が大変?臭い?冬のキャンプ場で薪ストーブキャンプをしてきました。

こんにちはベルです。

12月に入り、段々と寒くなってきましたね。

 

今日は数日前に日本海側で薪ストーブを使ってキャンプをしてきました。

「薪ストーブを使ったキャンプは大変なんじゃないの?」と薪ストーブに興味があるけどなかなか手が出ない方に参考になればなーと思って書いていきます。

 

まず結論からですが「そこそこ大変」ですね(笑)

でも慣れてくるとスムーズに設営や撤収も出来ますよ。それにポカポカ暖かいしすごく楽しいですよ!

 

それでは書いていきましょう。

 

 

 

 

使用した薪ストーブの種類

使用した薪ストーブはこちらになります↓

 

ホンマ製作所さんのストーブですね。

色々売っているストーブの中で恐らく最安なのではないかと思います。

 

ステンレス製やスチール製、ガラス窓が付いているもの等、色んな種類があります。

 

スクリーンタープと組み合わせた設営

薪ストーブだけでも楽しめるのですがスクリーンタープと組み合わせると冬でもポカポカで過ごせるのでオススメです。

設置済みの画像がこんな感じですね。

f:id:beru900r:20211213095845j:plain

テントは床があるのでストーブの強烈な輻射熱で溶ける可能性があるので実質使用出来ないのでは無いかな?と思います。

なのでこういった床のないスクリーンタープを使用するのが良いと思います。

 

スクリーンタープを使用した場合、薪ストーブとは別にこのように木の板でタープに触れないようにガードを作った方が良いでしょう。

f:id:beru900r:20211213095809j:plain

また、煙突は地面にペグ打ちするので下に煙突が垂れ下がらないようにする必要があります。

 

このようにホームセンターで売っているボルト等を組み合わせて煙突支えを作りました。

f:id:beru900r:20211213102040j:plain

出来ればホンマさんがセットとして付けてくれたら嬉しいのですけどね(^_^;)

 

 

次はペグ打ちをするための引っ掛けるポイントを煙突に取付

f:id:beru900r:20211213102300j:plain

これもホームセンターで売っている物を組み合わせています。

 

離れて見るとこんな感じです。

f:id:beru900r:20211213102437j:plain

本当は三点で支えるのが安全だと思います。

ホンマさんの煙突はただ煙突同士が刺さっているだけなので突風が吹いたりしたら倒れてタープが燃えたり、煙突が倒れた時にうっかり近くを歩いた人が火傷をする可能性があるのでしっかり固定してくださいね。

 

 

煙突は高ければ高いほど周囲の人に煙を撒き散らす事が少なくなります。

f:id:beru900r:20211213102752j:plain

酸素をガンガン吸って完全燃焼している時はそんなに煙は出ないのですが薪の消費を節約したい時に吸気口を塞ぐと結構な煙が出ますよ(しかも臭い)

 

これで完成ですね。

 

薪ストーブに火入れ

それでは薪を入れていきましょう!

f:id:beru900r:20211213103256j:plain

ストーブにはちゃんと足が付いているのですがそれでも地面が熱々になるので出来たら画像のようなレンガのようなものを敷いたほうがいいかもしれませんね。

 

薪の消費スピードですが左の袋に一杯入ってる薪が大体4~6時間でなくなる感じです。

一日中楽しみたければ2袋は必要ですね。

 

youtu.be

 

まとめ

何が一番大変かと言うと 大量の薪 + 体積の大きい薪ストーブ を運ぶ車が必要な事ですかね。

バイクではとても持ち運べません。

でもでも、そういった準備は大変ですが本当に楽しい薪ストーブキャンプ。

オススメですよ!

 

おしまい!ヽ(=´▽`=)ノ

 

 

 

 

 

beru900r.hatenablog.com

beru900r.hatenablog.com