beru's blog

バイク ✕ クルマ ✕ キャンプ

ロードスターからプリウス(ZVW30)に乗り換えて約一年の感想を書くよ

 

去年の秋にマツダのロードスターから今のプリウスに買い替えた。

 

f:id:beru900r:20200721070904j:image

ZVW30 いわゆる30プリウスと言われる奴

 

なんで乗り物好きの私がプリウスを買ったか?

簡単に言うとあるジムカーナ的なイベントにロードスターで参加したときに最新の50プリウスで参加されている方にタイムを抜かれたから。

しかも圧倒的に(笑)

 

そこからジワジワとプリウスの事が気になり始め、値段も安いのもあったのでディーラーで走行距離3万キロの個体を乗り出し100万ぐらいで購入。

f:id:beru900r:20200721070907j:image

そんな私が買ってから色々と気付いた事を書いていく。

 

・静か

とにかく静かだと思う。

あくまで100万で買える車って前提だけど・・・

高速道路で今までの感覚で巡行してると〇50km/h近く出てる事があった。

「魔法の絨毯」って言葉がぴったり。

 

・ブレーキフィーリングが気持ち悪い

軽く踏んでも「ガツン」と効いてそこからもうちょっと強く踏んでも制動力があまり変化しない気持ち悪いフィーリング

この辺は回生抵抗でモーターを使ってエネルギーを回収してるからだと思う。

おかげでブレーキパッドが全然減らない。

 

f:id:beru900r:20200721070913j:image

・意外と速い

思ってるより速かった。

特に0-100mはYouTubeで確認するとアルトワークスや1.6Lのロードスターに近い感じで1.8Lエンジン+モーターのトルクでグイグイ加速していく。

峠の登りなんかでは以前に乗っていたロードスター(NB6C)より絶対に速いと感じた。

 

・車中泊が出来る

リアシートを倒すとフラットになる。

空力を考えたデザインなので屋根が低いから朝に目覚めたときに勢いよく起きると屋根に頭を打つ(笑)

それでも車中泊が出来るかと聞かれると確実にできると答えれる。

f:id:beru900r:20200721070910j:image

 

・アクセル踏んだ時の反応が気持ち悪い

人間が50%でアクセルを踏んでも制御が利いて 15 → 30 → 50% といった感じで勝手にアクセル開度を修正される。

パワーモードを押すことでレスポンスが良くなり少しはましになるんだけど、やっぱり制御が人間とプリウスの間に入る。

pivotのスロコンを付けた事でかなりマシになったがそれでも人間とエンジンの間に制御が介入してることを実感する。

 

・とにかく金がかからない

買ってから一番驚いたのがこれ

夏は28km/Lとかの燃費で大阪から山梨へドライブしてガソリンを給油すると2500円だった。

約400km走って2500円、友達4人で乗ってたら一人700円とかでいけるのだ。

経済的な理由で軽自動車を買う人がいるが距離を走る人は絶対にハイブリッドを買ったほうがいいと思う。

メーカー推奨のエンジンオイル交換サイクル15000km毎。

ブレーキパッドも減らない。

事故をしたときの安全性もある程度高い。

 

以上、そんな感じです。

 

世間では ”ミサイル” と忌み嫌われてますが確かに危うさがある

その辺を理解し、正しく運転できる人には良い車じゃないかなーと思っとります。

 

 

 

ニューモデル速報 第550弾 新型プリウスPHVのすべて
 

 

 

 

 

 

 

beru900r.hatenablog.com

 

 

 

beru900r.hatenablog.com