berublog

バイク ✕ クルマ ✕ キャンプ

2013→2014 年越し台湾ツーリング 1月4日最終日 その7-2 再見台湾!

おみくじもすませ

最終目的の紙を燃やす

f:id:hukuote:20140206094137j:image:w640

これがその紙

これは何かっていうとお金なのだ

お金といっても現実社会のお金ではなくって天国で使えるお金

それを・・・

f:id:hukuote:20140206094253j:image:w640

こんなふうに火にくべて燃やす

その煙は天国向かって登って行き、先祖さん達がお金に困らないようにお金を送っているらしい

これを知った時に”面白い!”って思った

頭の中で(ご先祖さまーお金だよー!)って考えながら燃やした(笑)


その後、お寺の装飾を見て楽しむ

f:id:hukuote:20140206101236j:image:w640

f:id:hukuote:20140206101235j:image:w640

f:id:hukuote:20140206101234j:image:w640

Aちゃんと日本語でワーワー言いながら喋ってると車いすに乗ったお婆さんが

「日本人?」と日本語で話しかけてくれました

f:id:hukuote:20140206101338j:image:w640

彼女は確か80を越えてたかな?

小学校6年生まで日本語教育を受けたそうだ

今まで日本語を喋るお年寄りの中では一番流暢に喋られていた。

そしてお婆さんがこうおっしゃられた

「卒業するのが10月でもう少しで小学校の卒業式と思っていたら、8月に日本が戦争を降伏して9月にはみんな引き上げて行ったの。そのせいで私達は小学校の卒業がなかったのよ、うふふ」

と、笑いながら話す彼女

反射的に「卒業させてあげれなくてごめんね」と言うと「なんで貴方が謝るの?」と言い、お婆さんとAちゃんとみんなで笑った

「当時の学校はどこにあったの?」と聞くと

「そこよ」と指差す方向をみると隣に学校があった

お婆さんと長々と話をするのも迷惑かと思い、ここでいったん「色々と教えてくれてありがとう、元気でね!」と言って別れた

f:id:hukuote:20140206102137j:image:w640

(ここで僕らのお爺さんと同じぐらいの日本人が先生をして、お婆さん達が勉強してたのか・・・)

目の前にあるコンクリートの校舎が木造に見え、若い時のお婆さんが駆けまわってるような光景が頭に浮かぶ


ふと足元をみると日本語で沢山の標語?みたいなのが書いてあった

f:id:hukuote:20140206102555j:image:w640


Aちゃんに何気なく連れて行ってもらったお寺でお婆さんに出会えた事は日本統治時代の台湾に興味がある僕にとっては大収穫だった。




その後もお寺のガイドさんにすぐ側の孔子廟にも連れて行ってもらってガイドをしてもらう。

f:id:hukuote:20140206103205j:image:w640

f:id:hukuote:20140206103204j:image:w640

f:id:hukuote:20140206103203j:image:w640


孔子は大変頭の良い方なので学問の神様のように祀られており沢山の子どもたちが連れて来られていた。

ガイドさんに本当に色々と為になるお話を聞かせていただいた。

用事があるらしく「もう行かなきゃいけない」との事

「ありがとうございました」といって一緒に写真をとって握手をしてお別れ。




「これからどうしたい?」と聞くAちゃん

フライトまではまだ時間があったので「エビ釣りたい」と言うとAちゃんは「じゃあ行こう!」と言ってくれた

一緒にバスに乗る


30分ほどでちょっと田舎の方に行けばエビ釣り場があった

お金を支払い、餌と竿を受け取る

二人でビールを飲みながらのんびり釣りだ、と思っていたがこれがなかなか面白い

エビなど釣ったことがないのではじめは感覚が分からなかったけどだんだんと浮きの動きとかを見てるとそこそこ釣れた

f:id:hukuote:20140206105049j:image:w320

f:id:hukuote:20140206105047j:image:w320

イエーイ釣れたぜー!

さあ針を外そうと手をやると・・・

f:id:hukuote:20140206105148j:image:w320

イタタタ!!!挟まれた(笑)



俺様に逆らう奴は地獄の業火にくべてやる!

f:id:hukuote:20140206105352j:image:w640

この施設に塩と串とオーブンがあって食べれるようになってる

でも、実は生きてるエビに串を差してる時はなんとも言えない気持ちになる

バタバタと暴れるエビに

(ごめん、ごめんよ・・・)

と、思いながらの串差し。


焼きあがってしまうとさっきの思いもすっかり忘れてAちゃんと分けて食べた

プリプリで美味しい!



そうしてるうちにそろそろフライトの時刻が迫ってきた

一緒にバスに乗り台北駅に帰り、台北駅から桃園空港行きのバスに乗る

なんとAちゃんは空港まで送ってくれると言う

親切に甘えて送ってもらうことにした。

Aちゃんが日本にワーホリに来てた時は何もしてあげれてなかったのになんか申し訳ない思いだ


空港に着き余った台湾元を日本円に両替する

Aちゃんがなにやら計算をし始めて

「え!?」とかって言いながら驚いてるので「どうしたの?」と聞くと

「べるは台湾での7日間で2万8千円ぐらいしか使ってない計算になるよ!」と言った

・・・うーん

確かに泊まるところは超安ホテルかドミトリだったし

ご飯は定食屋で炒飯ばっかり食べてた

「それってお金使わなすぎかな?」と聞くと

「こんなに台湾でお金使わなかった人は初めてだー」と言ってケタケタと二人で笑った


あとはもう出国審査ゲートに行くだけ

ここでお別れだ

「写真を撮ろう!」とAちゃん

二人で写真撮影

7日間の良い旅だった

いろんな人に出会えた

東海岸の綺麗な景色をバイクに乗って見ることが出来た

台湾と日本を知ることが出来た

沢山の台湾人に親切にしてもらった


こうして僕の2回目の台湾の旅は終わった。


みんな似たような顔をして、似たような文化を持つ台湾人達

帰国したあともAちゃんと時々やりとりはしているが

「今晩飲みに行こうか!」と思わず言いそうなる

でも、日本と台湾で離れていて、違う国の人なんだ



(なんだかなぁ・・・)


そういった思いに今は時々悩まされます


ありがとう台湾

ありがとう台湾人達



また、いつか会える日まで

再見!!









2013→2014 台湾年越しツーリング 

おしまい






ブログランキングに参加してます。

下のランキングバナーを一日一回ポチってくれるとランキングに反映される仕組みになってるみたいです。

励みになりますので良かったらお願いしますm(__)m。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ