beru's blog

バイク ✕ キャンプ ✕ クライミング

ベトナム縦断ツーリング その6 ファンティエト→トゥイホア到着 

エンジンが止まってスタート出来ない

 

f:id:beru900r:20151208080403j:plain

たまたま停めたこの場所が高台になっていてこの先に押して行っても小さな集落がみえるだけでバイク屋がある可能性はほぼゼロ

 

引き返してもここまでバイク屋は全然なかった

 

どうしよう・・・・

 

エンジンをかけてソーっとアクセルをあおるとアクセル開度5%ぐらいでプスンとエンジンが止まる・・・

 

(スロージェットが外れた?&エアスクリュー?)

 

そんなことが頭をよぎりますが工具もないのでなんの意味もありません

 

なんとかならんか?とない頭をフル回転させます

 

(アクセル開度5%でエンストするなら0%→いきなり100%にしたらどうだ?)

 

と、いう事を思いつきました。

 

車の流れを確認して車が来なくなったらアイドリングからいきなりスロットル全開にすると・・・

 

ゴボゴボ・・・バアアアアーーー!!

と走り出しました。

 

た、助かったー(TдT)

 

なんとかゴボゴボと必死で走らせ、気付けばトゥイホアまで到達していました。

f:id:beru900r:20151208082332j:plain

 

バイク屋がたくさんあるのですが何故か今は現象がでない

 

とりあえずホテルを探します。

 

ミニホテルが3件隣り合って並んでいるところに行き声をかけました。

f:id:beru900r:20151208082538j:plain

1件目が一泊200000ドン(約1000円)

 

2軒目が一泊130000ドン(約700円)

安い!

とりあえず部屋を見せてくれと言って店員と部屋を確認

エアコンあり!ここに決定!

 

チェックインを済ませて部屋に荷物を置く

f:id:beru900r:20151208082930j:plain

エレベーターで4階に来たけど非常時の事も考えて階段で降りてみるか・・・

 

そう思って階段で降りようと下っていきますがドンドン狭くなって最終的には背中とお腹を壁に擦りつけてカニ歩き状態

 

(こりゃ火事になったら死ぬなぁ・・・)

 

チェックインもしたし、ホテルを変える元気もなかったので忘れることにしました(笑)

 

腹も減ったし喉も乾いた!

街を歩いてどこか良い所がないかを探します

 

キョロキョロしながら歩いていると「へい!カモン!」と男性三人に声をかけられました。

f:id:beru900r:20151208083441j:plain

「なに?」

と聞くと

「Are you from? コリアン?」と聞いてきます。

 

「ノー、アイムジャパニーズ」

そう答えると嬉しそうにニッコリ笑いました。

 

サイゴンビアー!ドリンク!」

真ん中の彼がジェスチャーと片言の英語で喋ってきます

 

一瞬サギか何かか?と思いましたがそれにしては英語がヘタすぎる

詐欺だとしたらもう少しコミュニケーション力があるはずだろう・・・

 

虎穴に入らずんば虎児を得ず

 

とりあえず、彼らを信じて差し出してくる椅子に座りました。

 

すぐにビールを注がれて「さあ、乾杯だ!」の合図

 

訳のわからないまま宴会が始まりました。

 

しかし全員英語が少ししか喋れずで会話が進みません(笑)

 

すると店の奥から若い女の子が出てきました。

f:id:beru900r:20151208084252j:plain

彼女は僕よりも英語が上手で彼らとの話を通訳してくれました

 

彼ら3人は機械の整備をしているらしい

他にもいろいろと自己紹介をしたあとに僕が「ハノイまで行くんだ」と言うと非常に驚いてました。

 

「お前は結婚してるのか?」と聞かれて「してないよ」と答えると

「じゃあ、この子はどうなんだ?」

と先ほどの女の子を指差します

 

僕も女の子も二人で「ノー、ノー!」と笑顔でジェスチャーしてると近くにいる人もみんなで笑ってました

f:id:beru900r:20151208084838j:plain

この笑顔(笑)

 

左のおじさんは初め緊張してたようで話してこなかったんですが最後の方は一番積極的に話して来ました。

向こうの人にとっても外国人の僕は警戒する対象なのかもしれませんね

なにより僕は太めでみんなよりデカイし

 

ビールがなくなれば注がれて、と何杯飲んだかも分かりません

そろそろ寝ないと駄目だな・・・

 

僕「そろそろ寝るからお会計にしよう、いくら払えばいい?」

 

3人でなにやらゴニョゴニョ話のあとに真ん中の人が言いました

 

「そうだ、お前の国の一番安いお金を見せてよ」

 

ん?と不思議に思いながらも財布から1円玉を取り出して手渡します

3人でなんじゃこりゃ!?みたいな表情をしてゲラゲラ笑いはじめました

 

通貨が無い国だからか非常に珍しいみたいです

他の二人も「俺にもくれー!」と言ってきます

 

3人は一円玉をジロジロ見つめて「これベトナムでいくら?」と聞くので「200ドンぐらい?」と言うとまた笑いました。

 

そしておじさんが

「これでいい、支払いはこれでオッケーだ」そう言います。

 

え!?1円は駄目でしょ

せめて500円か1000円ぐらい払わせてよ

 

そう言ってそれ相当のベトナム・ドンを出して見ますがガンとして受け取りません

「駄目だ、お前の支払いはもう終わってる」

何をいっても聞いてくれません

 

「ほんとにいいの?」と聞くと「もちろんだ、ハノイまで気をつけていくんだぞ」と言ってくれました。

 

ジーンと来て「ありがとう!」と言って三人と握手して別れました

 

 

ホテルまで歩いて帰ってるとお腹が減ってるのに気づきます

そういやビールばっかり飲んでたな・・・

f:id:beru900r:20151208090454j:plain

道端の弁当屋で弁当を買いました。

15000ドン(80円)

 

ホテルに帰って食べます

f:id:beru900r:20151208090646j:plain

もち米にガーリックとゴマ?

一口食べると甘ーい

てっきり焼き飯的なのを想像してたのですが・・・

 

まずくは無いけど納得行かないまま食べきりました。

 

 

シャワーを浴びてベッドに横になり今日の事を思い出していました

 

f:id:beru900r:20151207084914p:plain

ベトナム走行2日目 ファンティエト→トゥイホア  約360km

 

(明日はバイク直さなきゃな、それとこれからは日本で困っている外国人がいれば助けてあげよう・・・)

 

そんな事を考えながら眠りにつきました

 

つづく