beru's blog

バイク ✕ キャンプ ✕ クライミング

GPZ900Rのタンクのフタの表面がブツブツで汚いので塗装したよ

GPZ900Rのタンクのフタの表面がなんだかブツブツと汚い

多分パーカーライジング加工をしているんだけどさすがに20年以上のバイクなので酸化して来たんだろうね。

見栄えが悪いから塗装してやることにした

肝心のぶつぶつ画像は撮り忘れ(笑)

 

まずはタンクのフタを外します

周りのキャップボルトを外す前に鍵を開けて中に+のビスが一本付いているのでそれを先に外す

この時、このプラスネジがタンクに落ちないように注意!

そのあと周りのキャップボルトを全て外すとタンクのフタが取れます

f:id:beru900r:20150424163820j:image

外したあとは異物が入らないようにと養生テープ貼っときました
タンクの表面もタッチアップで修正した痕が沢山
そろそろ全塗装?
 
ブレーキクリーナーで油分を飛ばしたら
500番ぐらいのペーパーで表面ならします
f:id:beru900r:20150424163837j:image
 
ボルト穴に針金を通して塗装準備
別にダンボールの上に普通に置いて塗装してもOK
f:id:beru900r:20150424163902j:image
 
つや消し黒を使用
つや消しにするコツはあんまり近づけすぎないでスプレーすること
距離を離してちょっと塗料が付いたらいったん止める
乾いたらまたちょっとだけ上塗りする
一度に垂れるギリギリまで塗ろうとすると変なツヤっぽくなるから
f:id:beru900r:20150424163913j:image
 
 
乾いたら取り付け
キャップボルトも錆びてたので頭を塗ってみたけどこれステンレスボルトに変えたほうが多分カッコイイね
f:id:beru900r:20150424163923j:image
完成
すごい適当にやったから仕上がりはイマイチ
次から本気出します(笑)
 
めんどくさい人はこうゆうの買ったほうがいいかもね↓
 
 
 
以上ですー
おしまい