beru's blog

バイク ✕ キャンプ ✕ クライミング

僕の青春、母校の中学校が廃校となったので校歌を歌いに閉校祭に行ってきたよ

僕の地元 
母校の中学校の閉校が決定したとの事
同級生から
「是非一緒に母校で校歌を歌って欲しい」
との依頼をうけた。
 
僕は幼少の頃から小児喘息を持っていて非常に体が弱く
不良達に良く殴られたりからかわれたりしていた
いじめ
と、言うほどでも無いかもしれないけどやられた側としては簡単に記憶から消せるわけでもない
 
悩んでいたけれども誘ってくれる友人の熱に圧倒され
ドキドキしながら地元の駅を降りて母校の中学校に向かった
 
f:id:beru900r:20150401190621j:plain
小学校の頃に良く遊んだ雲梯
この頃からぶら下がるのが得意でクライミングの素質があったのかもしれない
”なつかしいな”と思ってぶら下がろうかと思ったけど人目を気にしてやめた
 
とぼとぼ歩いて母校に向かう
当時、たこ焼き10ケで100円だった駄菓子屋はシャッターが閉まっていた
 
市民プールで泳ぎ終わったら
「オッチャン!たこ焼き頂戴!」
そういって、一日50円の小遣い2日分であるたこ焼きを友人とわけあって食べた
 
○○くんの家が確かこの辺にあったな
自転車一緒に改造したっけ・・・
 
そんなふうに昔を懐かしみながら母校を目指す
 
 
母校に到着
f:id:beru900r:20150401190650j:plain
姉が来ていた
姉の友人たちもいて
「なんとなく覚えてるわー!」
と、言われる
こちらもなんとなく面影が思い出せるだけ
 
 
一緒に、校舎に向かう
姉たちは最後の校歌大合唱の舞台に立つとの事だが
僕は遠慮して撮影係に回ることにした
 
姉たちが練習に向かうのを見送ったあと
1人当時の教室に向かう
f:id:beru900r:20150401190708j:plain
もっと長いと思っていた廊下
すっかり背が伸びた今
”こんなに短かったのか・・・”
と、不思議な気分
 
二段飛ばしで登った階段
f:id:beru900r:20150401190728j:plain
当時
手すりに半分腰掛けて滑り降りたり
立ちながら階段を降りるのが流行った
 
何も変わっていない教室
f:id:beru900r:20150401190805j:plain
 
僕らの時はもっと彫刻刀でボリボリに掘ってあった
f:id:beru900r:20150401190817j:plain
下敷きを使わずに紙に書き込めば凹んだところにペンが刺さった
 
3年の頃にはなぜか水泳部のキャプテンだったので
のどが渇けばこの蛇口で水をがぶがぶ飲んだ
f:id:beru900r:20150401190837j:plain
当時、少し好意を寄せた後輩
その後輩が「○○先輩にこれを渡して欲しい」とラブレターを託されたときは傷ついたなぁ(*_*;
 
不良たちがタバコを吸っていたトイレ
f:id:beru900r:20150401190921j:plain
 
いろいろ思い出してウロウロしていると同級生のMちゃんとバッタリ
「うわ!久しぶり!」と大声
お腹に4人めの赤ちゃんがいるらしい
臨月なのに元気だ
 
べる「全然変わってないなー」
Mちゃん「いいこというやん♪」
べ「昔、そんなにしゃべり上手じゃなかったと思うんだけど」
M「もとからこうやで(笑)」
と、10年以上の月日を感じさせない会話
 
その後、姉とMは体育館の舞台で母校の校歌を150人で大合唱
あの頃、意味の分からなかった校歌
歌詞の意味が心に染み込みこむ
 
良いことも、悪いことも沢山あった
 
あの頃の僕が今の僕を見たらどう思うのだろうか・・・
 
”汚いおっさんだな”
というだろうか?
 
”好きなことやってイイ人生じゃん!”
と、いうだろうか?
 
考えが巡り
思い出し
目が潤む
 
ありがとう
そしてお疲れ様、僕の母校