読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

beru's blog

バイク ✕ キャンプ ✕ クライミング

大山!秋吉台!角島!中国地方ツーリングに行ってきたよ その4

バイク(GPZ900R&W650) キャンプ

秋吉台のあとは秋芳洞に向かう

秋芳洞スペシャルサイト - 山口県美祢市観光サイト

f:id:beru900r:20140920091519j:plain

入場料が必要との事で財布をだして(いくらなんだろう?)と料金表をさがす

「え!?」

なんと1200円

強気な値段だなぁ・・・

 

ここまで来たししゃーない・・・って事で入場券を買って入場

f:id:beru900r:20140920091711j:plain

森のなかをしばらくすすむと秋芳洞の入り口

 

f:id:beru900r:20140920091751j:plain

中に入るととても涼しい

 

遊歩道をずんずんと歩いて行くと

f:id:beru900r:20140920092023j:plain

こうゆうのとかがある

けっこう1200円を払う価値はあるなーと思ったんだけどiPhoneのカメラでは魅力を伝えることが出来ない

 

1時間ぐらい歩いて全部見まわった

こんなものが自然にできたっていうのが不思議なのと、ここを開拓した人がすごいなと思った

よく、こんな真っ暗なところを船で探検したなぁ・・・と関心する。

 

秋芳洞の感想は魅力は十分にある。

でもツーリング途中にちょっと寄る場所じゃないな、がっちり時間が食われるので注意、普通の人は2時間ぐらいかかるらしい

 

次は角島だ

秋芳洞を北上し海沿いにでるとすぐに着いた・・・が

角島周辺がもう大渋滞!

ビューポイントに到着

f:id:beru900r:20140920092653j:plain

これ振り返ると人だらけ

狭い道に自動車がガンガン入ってきてみんな車を停めれなくてイライラしてるのがこっちにまで伝わってくる

角島大橋も写真のとおり大渋滞で時折、橋からクラクションが聞こえる

 

しばらくがまんして写真を撮ったり角島大橋をみたりしていたけど

・人がガヤガヤ

・車のクラクションがピッピ

・橋も大渋滞

・なんだか曇って来た

 

「あー!!もういいわ!!」

 

さっさと角島大橋を後にした、もちろん角島にもわたってはいない

もし、もう一度来るなら夜明けぐらいの早朝に来よう・・・

と、いうか多分もう来ないだろう(笑)

 

角島大橋から関門トンネルを目指し南西に進路を取るもまた大渋滞

イライラ!!☆

抜け道を見つけてちょっと山間を走る

時間は15時、最後の目的地である本州最西端である毘沙ノ鼻に向かう

マップガイド

 

人気のない山道を走るとすぐに着いた

f:id:beru900r:20140920093557j:plain

駐車場にバイクを置いて最西端までは1、2分歩く

 

途中の遊歩道を歩いているとなんか道端から \ガサガサ!/ って音がするから(なんだ?) と思い座り込んで見ていると

 

f:id:beru900r:20140920093833j:plain

もぐらさん登場

なにかを探して必死で歩きまわっててカワイイ

 

向こうから歩いてくる20代前半のカップルが不思議そうに僕をみて「どうしたんすか?」と訪ねてくるので

「もぐらがいるよ、珍しいから見てるの」というと女の子が「え!?もぐら!?」と言い僕の横に座り込んで確認する

「いやぁーーん!かわいい!!☆」と興奮していた

振り返ると彼氏がたったまま苦笑い(笑)

 

しばらく観察してると飽きてきたので毘沙ノ鼻に向かう

f:id:beru900r:20140920094214j:plain

着いた

 

人気無し

これだよこれ

こうゆうのがいいんだ、オイラには

f:id:beru900r:20140920094343j:plain

行き交う船を見てぼーっとする

いいな、最西端って事もあって夕日が綺麗なんだろうな・・・

角島の人混みと渋滞でトゲトゲしていた僕の心が丸くなる

 

20分ぐらいゆっくりしただろうか

フェリーが20時に新門司から出るからそろそろいかないとな・・・

で、バイクに跨って走りだすとすぐに関門トンネル

関門トンネルを超えてすぐに新門司港に着いた

f:id:beru900r:20140920094728j:plain

f:id:beru900r:20140920094753j:plain

フェリーすおう

かっちょいいな!!

 

f:id:beru900r:20140920094829j:plain

バイクを停めて受付を探す

 

受付どこだ?とキョロキョロしているとなんだか歴史的な建物がある

何だこりゃ?

f:id:beru900r:20140920094924j:plain

恐る恐る入ってみるとそこが受付だった

阪九フェリーの上層部の感性、ぶっ飛んでるぜ

 

受付を終わらせて時間を見ると16:30

西を見ると日が沈んで行こうとしているので近くの小高い丘に行こうとバイクを走らせた

f:id:beru900r:20140920095211j:plain

ここでいい

戸ノ神山っていうところらしい

f:id:beru900r:20140920095417j:plain

門司の街と夕日

 

北海道ツーリングの余韻がまだ強く残っていて、それをかき消すためにこのツーリングの計画をした

けど余計にまた北海道に行きたくなってしまった

現地で仲良くなった北海道の人いわく、もうすでにストーブのスイッチを入れたらしい

僕が見たのは北海道のすぐに終わる夏だけでまた厳しい冬が来るんだな・・・

一瞬でも北海道に住んでみたいとかって思う僕はとても浅はかだ

 

夕日を見ながらそんな考え事をした

 

またバイクに跨って新門司港

 

f:id:beru900r:20140920100248j:plain

バイクを積み込んで2等室へ

 

 

こうして今回の中国地方ツーリングは終了

(さあ、そろそろ現実にもどろう!)と自分に言い聞かせた。

 

 

おしまい

 

 

 

 


大きな地図で見る 

 


"バイク" - 記事一覧 - beru's blog