読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

beru's blog

バイク ✕ キャンプ ✕ クライミング

2014夏・北海道ツーリング その3 稚内へ!愛車が普通に走るという幸せ

朝06:30起床

まだ寝ているN君を脇目に出発準備を進める

 

さあ、出発

寝ぼけているN君に「じゃあ、先に稚内に向かっとくからゆっくり来てね」と言うと「わかりましたー」とムニャムニャ言っていた。

実際には確実に修理完了するかは分からないので”うまく行けば”と言う仮定の話をしているのだ

僕だけ早く出発するのは一緒に待っていても僕にできることがもう無い事

それとホテルの予約を取る時に8時までにチェックアウトする約束になっていたから

 

と、言うことでロンシャンホテル札幌を後にする

f:id:beru900r:20140821061810j:plain

綺麗なホテルだった

 

f:id:beru900r:20140821061911j:plain

早めのチェックアウトの条件になっていたのは僕のGPZ900Rをどかさないと前に置いてあるバイクが出れないから

その人は09:00に出発予定との事らしい

 

バイクに荷物を固定してまずは近くの時計台を目指す

 

少し走るとすぐに時計台はあった

f:id:beru900r:20140821062202j:plain

f:id:beru900r:20140821062248j:plain

がっかりスポットと名高い時計台

案外、現代にはない建造物が歴史を感じさせてくれたので(へー、かっこいいな!)と目を楽しませてくれた

f:id:beru900r:20140821062436j:plain

昔は中に入れなかったようだが今は時間がくれば入れるようになっているらしい

あまりに朝早すぎたので窓の外から中を除くだけだったがまた近くに来ることがあれば寄ってみたいと思えた。

まあ、これを目当てにわざわざ来るとガッカリするのかもしれない。

時計台の周りはただのオフィスビルだらけだしね

 

20分ほど外から見学しただろうか、また北に向けて走りだす

国道231号をしばらく走るとすぐに石狩に入る

以前からツーリングマップル北海道に書いてある”千本なら”というところが気になったのでそこにも立ち寄ってみた

国道231から外れ、峠を登るとそれはあった

f:id:beru900r:20140821063044j:plain

日本名木100選 千本ナラ

 

さあ、どんな景色を見せてくれるんだろうとヘルメットを脱ぎ階段を降りて行くと

f:id:beru900r:20140821063403j:plain

ん?

これか・・・

f:id:beru900r:20140821063442j:plain

えっと・・・

人っ子1人いないし、しゃもじ絵馬には病気が治りますように的な内容が沢山書いてあってなんだか怖い・・・

調べてみると病気を治すご利益があるらしい

北海道森林管理局/浜益の千本ナラ(石狩市)

だからやたらと健康祈願みたいな内容が多いのか

 

別段、綺麗な景色が見えるわけでもなくハチが攻撃してくるし何より怖いので退散することに

(あとで調べると心霊スポットらしいのでもし行くなら真っ昼間がいいかも)

 

ああ、怖かった・・・

そして再度北上を開始

 

留萌の手前あたりで突然の雨

丁度いいのでセイコーマートに入る

f:id:beru900r:20140821064151j:plain

 

f:id:beru900r:20140821064216j:plain

大好きなちくわパンとソフトカツゲンを買って雨宿り

北海道に来たんだなーと味覚で実感する

 

雨も止んだので留萌の黄金岬へ

f:id:beru900r:20140821064505j:plain

まだ台風が去ったばかりなので波が高く風が強い

でも、いい景色だ

 

すぐ近くの千望台にも登ってみる

f:id:beru900r:20140821064640j:plain

留萌の街と海を一望

ベンチに座って足をブラブラしていたらラインでN君から連絡

「バイク完全に治りました!今から札幌より北上します!」との事

「良かった!」ほっと胸をなでおろしていると

ぐーーー、とお腹がなった

 

(そういえば近くに蛇の目寿司さんがあったはずだ・・・)

蛇の目 - トップページ

時間を確認すると丁度正午

 

f:id:beru900r:20140821064918j:plain

人が一杯、入り口は狭いけど中はすごく広い

「1人です」というと二回に案内された

f:id:beru900r:20140821065046j:plain

f:id:beru900r:20140821065126j:plain

中生だったかな?これで確か650円

安い、お店の女性もみんな笑顔で仕事している

ガツガツ食べて再出発。

 

あんまり先に北上しすぎてN君が焦って事故とかするのも何だなぁ・・・と考えて道の駅の”おびら鰊番屋”で待つことにした

小平町の道の駅〜おびら鰊番屋

 

f:id:beru900r:20140821065923j:plain

何気なく空を見上げるとめちゃくちゃ夏の空って感じ

雲と空の青が綺麗だ

 

f:id:beru900r:20140821070040j:plain

空をみて、海をみて、バイクの周りをウロウロして、コーヒー飲んで、知らないバイク乗りに声かけたりして、コーヒー飲んで、海見て、空見て、コーヒー飲んで(笑)

 

(んおぉおおお!まだかー!?)と暇と格闘していると2時間後ぐらいに彼は来た

f:id:beru900r:20140821070330j:plain

 

彼はバイクを降りるなり「お待たせしましたー!」と言いながら握手を求めてきた

顔を見ると疲れてはいるが満面の笑顔

そりゃそうだ、バイクが直ったんだ

「よかったね、おかえり」とがっちり握手

 

べる「今日はどこまで行く?道東も楽しみたいと考えているならば今日はなるべく稚内まで近付く必要があると思う」

N君「行きましょう!稚内まで!まだまだ走りますよ!」

予定も決まったのでおびら鰊番屋をあとにする

 

オロロンラインを北上していると真っ直ぐな直線道路や風車が見えるたびにインカムを通してN君の「ウヒョー!!最高!」という声が聞こえる

僕はこの景色をみるのは二回目だけど彼は初めて

どんどん北上を続けオトンルイ風力発電所が見えてきた・・・

インカムからN君

「※☆◯!?”¶ξ!!!!!」

声にならない声で大絶叫(笑)

風車に近寄って撮影

f:id:beru900r:20140821071156j:plain

f:id:beru900r:20140821071306j:plain

めっちゃくちゃ嬉しそうだ

何度も何度もアングルを変えカメラのシャッターを切っている

 

まだまだ稚内は遠いのでまた走りだす

f:id:beru900r:20140821071511j:plain

 

f:id:beru900r:20140821072830j:plain

 

f:id:beru900r:20140821071554j:plain

夕日に染まる利尻富士を左に無限に続くかのようなオロロンライン

アクセルをひねり稚内を目指す

 

f:id:beru900r:20140821071822j:plain

そしてなんとか日没前にノシャップ岬に到着

すぐ近くの稚内森林公園キャンプ場にテントを張った

稚内森林公園キャンプ場/稚内市

無料だから受付とかも無くすごく楽だ

 

テントも設営完了し、無事にバイクが直ったこと、ここまでこれたことを祝って乾杯

f:id:beru900r:20140821072138j:plain

明日からの事を地図を見ながら話をした。

バイクの修理が無事に終わり、明日どこに向かおうか?と話が出来る事の幸せ

その後、程よく酔っ払い互いのテントに入った

空にはギラギラとたくさんの夜空、海では時々船の汽笛が「ボーー!」と鳴った

おやすみなさい

 

 

 

 

8月13日 のルート 約330キロ走行

 

 

beru900r.hatenablog.com