読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

beru's blog

バイク ✕ キャンプ ✕ クライミング

台湾ツーリング 7日目-1 高雄→台北

バイク(GPZ900R&W650)

朝は8時ぐらいに起きた気がする

f:id:hukuote:20130301163257j:image
ホテル内の様子

チェックアウトを終えホテルの外へ
f:id:hukuote:20130301163258j:image

今日は台北に新幹線で移動する。
近くの高雄駅からMRTにのり左營で新幹線に乗換だ
まずは高雄駅へ徒歩で

f:id:hukuote:20130301163259j:image
レンタルバイク屋さんが買ってるワンコ



f:id:hukuote:20130301163929j:image

f:id:hukuote:20130301164421j:image
僕が借りたレンタルスクータ屋
あとで台湾の友達に言われたが一日650元はとんでもなく高いらしい
ただ、ぼったくろうとしてるような意志は感じられなかった
それはレンタルスクーター屋以外の夜市でもホテルでも本屋さんでも感じなかった。



f:id:hukuote:20130301164503j:image
国道を横断し

f:id:hukuote:20130301164549j:image
日本が統治していた時代に立てられた高雄駅を見物(今は使用されていない)

f:id:hukuote:20130301164650j:image
新しく建築された高尾駅にすぐに着いた
ここでタクシーの運転手に英語で「どこまで行くの?」と声をかけられた、大きなザックを背負ってるので旅行者ってバレバレなんだろうね

べる「台北までだよ」

運転手「あー、残念!じゃあ気をつけて!」

と、あっさりしたもんだった(笑)



f:id:hukuote:20130301165034j:image

f:id:hukuote:20130301165033j:image

f:id:hukuote:20130301165032j:image

切符を買って改札を通る

台湾のMRT(地下鉄)はこんなふうに完全に線路に落ちないように遮断されている。
不思議に思ったのが新幹線はこういった柵がなかった。

なんか逆じゃないの?と感じる
まぁいいか

左營駅まで乗客の数人がGIANTのロードバイク乗りがいた。
日本ではかならず自転車は分解して輪行バッグという物に入れないと駄目なんだけど


こんなやつね


台湾では分解もせずそのまま乗せていいのかな?

自転車で台湾縦断しようと思って調べていた時はどこのサイトでも必ず輪行バッグに入れてバス、電車に乗りましょうと書いてあった。

ひょっとすると僕が見た人はただのマナー違反かもしれない。

事実、バスや新幹線だと輪行バッグじゃないと置き場が無さそうだし。



しばらくして左營駅に着
f:id:hukuote:20130301165835j:image
ここで新幹線に乗り換えて一気に台北へ向かった。

もちろん新幹線内では昼間からビールを飲んだ(笑)






台北駅に着き、たしか圓山駅へ向かった気がする・・・忘れた
f:id:hukuote:20130301170932j:image

バスに乗り換えて忠烈祠へ


忠烈祠は日本で言うところの靖国神社のようなもの

台湾の為に戦って亡くなられた台湾人の英霊が祀られている

祖父が「なかなか良かった」と言っていたのでずっと訪れたいと思っていた場所だった。


f:id:hukuote:20130301171041j:image