読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

beru's blog

バイク ✕ キャンプ ✕ クライミング

台湾年越しツーリング 2-1 高雄→台湾最南端

2012.12.30

この日は写真を全然撮っていなかったので動画で・・・

D



ダラダラと長いので時間が有る時にどうぞ









2012.12.30

朝6:30起床
ササッと荷物をまとめ、みんながまだ寝静まっているのでそーっと出発。
ドミトリのオーナーに笑顔で見送ってもらう。

昨日のレンタルスクーター屋へ徒歩で向かう。

昨日契約した時にもらった紙をみせるもスタッフが「?」みたいな顔をするので一瞬「おいおい・・・大丈夫か?」と心配したがスタッフ同士で話してるうちに昨日乗ったスクーターが運ばれてきた。

念のため明るい場所で再度バイクの状態をチェック。
日本では販売されていない車種なので出発してから困らないようにと確認をした。
オイルの注油口の位置がクランクケースに伸びているのと音から考えて4サイクル車だろうが一応確認。
スタッフに「This motorcycle is a four-stroke engine, right?」と聞いても「?」と顔をしている。
発音が悪いのか、スタッフがエンジンの知識を持っていないのかは分からない。
多分前者だろうけど排気ガスの匂いからしてもう4ストロークで間違いない。
これで途中でのオイル補給の心配は無くなった。

フロントタイヤがスリップサインギリギリまで減っているがこれもまぁタイヤのサイドウオールがひび割れてないのでゴムも劣化してない、大丈夫だろう。


08:00
確認も終わり恐る恐る出発する。

始めての右側通行、始めての海外での運転。
恐怖と同時にドキドキするこの感じは16歳で始めてバイク屋から愛車にまたがってスタートした時のあの感覚。

何度も何度も後方確認しスタートした。

はじめはビクビクで運転していたがものの20分ぐらいで大分慣れてきた。

台湾のレンタルスクーターはガソリン空っぽが当たり前との事らしいがまさしくそうだった。
すぐにガソリンスタンドに入り「95満タン」(ジウウージャーマン!)と伝えるとガソリンを入れてくれた。
95というのはガソリンのオクタン価の事だと勝手に判断してる。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%83%B3%E4%BE%A1

料金140元を支払い再スタート。

一路、最北端の墾丁へ!
と、言いたいところだがこの日は風がすごくって街路樹がバッタバタと倒れていて高雄を抜けるまでは大変だった。