beru's blog

バイク ✕ キャンプ ✕ クライミング

2011→2012 年越し宗谷岬ツーリング 2

2012 1/1

朝5時に目覚めて昨日の残り汁にご飯を投入しネコまんまを作る
新年になって初めて口にするのがネコまんまだなんて、いかにも俺らしい・・・

そして初夢は友達達のほとんどが出てきて温かい部屋でワイワイお酒を飲んでる夢
そんな夢が見れてオレは幸せだなと思いながらご飯を口に運んだ



テントを回収し、セイコーマートに置いているバイクに荷物を載せる

f:id:hukuote:20120101065847j:image

f:id:hukuote:20120101070655j:image

その後、お礼を言いに店に入ると昨日の人はだれも居なかった。

念のためにコーヒーを買って「バイクを置かせてもらってありがとう」と女性店員さんに伝え店を出る


外でコーヒーを飲んでいると先ほどの女性が走ってきて
「これ食べてください。宗谷岬ですよね?道中気をつけてくださいね」と言い
肉まん2つを差し出してきた。
「いや、バイクも置かせてもらった上にこんなものもらえません」と言うと
「気にしないで下さい、がんばって!」といいまた店内へと小走りで走っていった。
新年初めて会った人にいきなり肉まんをもらってしまった。

f:id:hukuote:20120101065359j:image

ありがたい
感謝しつつ胃の中にほり込んで出発




友達二人は今日の9時までなら宗谷にいるとの事
距離は60キロほど?
時間は2時間ある
時速30キロぐらい出せばなんとか間に合うんじゃないか?と思って恐いけどアクセルを開けた

今日の道のコンディションは綺麗なフラットアイスバーンだったので20キロから30キロ→そして徐々にスピードを上げて最高速は○0キロぐらいまで出した
死ぬほど怖かったが、「オレは今、氷の上で○0キロ出している!!うぉぉぉぉおお!!」と興奮もした

f:id:hukuote:20120101073050j:image

荒い息で走ってると、息がかかってたちまちシールドが凍ってバリバリに
”冷静に・・・冷静に・・・”と自分に言い聞かせながら走る

対向車線の車が窓を開けて親指を立てて通りすぎていった頑張れって事かな・・・・?

ありがとう!と思って俺も親指立ててハンドサインしたかったけど一瞬もハンドルは離せない恐かった

そんな緊張した状態のなかでもバックミラーの中に綺麗な朝焼けが写り込んでいた
白銀の世界の中に登ってくる朝焼けはまた格別だった
ミラーの中に収まったその景色を見て「粋なバックミラーだな・・・まるでフォトフレームだ」とか考えてた



しかし、時間は淡々と過ぎていく、とにかくひと目だけでもあって握手をしたかった。

あと3キロ!

あと2キロ!

・・・・

そうして悪戦苦闘の末に宗谷に着いた。

時にはすでに9時を少し回っていた。
友達も見当たらなくってガッカリとしていた
「遅かったか・・・」
f:id:hukuote:20120101091236j:image

f:id:hukuote:20120101093329j:image


だがしかし、着いたんだ!
とうとうずっと夢見ていた宗谷に着いたんだ!と一人感動!!


15人ぐらいいる変態ライダー
いやいや
英雄達に会釈をして宗谷岬のモニュメントまで行ってバイクをおりると
色んな人がオレの方に駆け寄ってきて「すごい」とか「W650だ!大型バイクだ!」と騒がれていてなんで騒がれてたかよく分からなかったけど宗谷ライダーに「大型でくるのは珍しいんですよ」と説明される。

f:id:hukuote:20120101085300j:image

確かに周りを見るとみんな原付で大型バイクはオレ意外に一台しかいなかった。



「写真とってもいいですか?」といろんな人にシャッターを切られている時に「べるさん・・・」と声が

振り返ると友達二人が!
うれしさが一気に込みあげて二人に思いっきりハグ
「怖っかったよー!」と言いながらとにかくハグした
思い起こせば力を入れすぎてちょっと苦しかったかもしれない
ごめんなさい
再会を喜んで沢山写真をとる



そしてK君から「プレゼントがありますよ」と
出てきたのは宗谷年越しキーホルダー
宗谷岬で年を越した者にのみ配られる伝説のアイテム
「やったー!!ありがとう!!」

もっと色んな話をしたかったけど、二人はもう行かなきゃいけない時間が来てしまった。
そして固く握手をしてさよなら
また、北海道で会おうね!!

その後も色んな人から絶賛され写真を撮られ、一段落したので宗谷神社に初詣
友達と被災した人達の幸せと帰りの無事を祈る

f:id:hukuote:20120101092820j:image

感動もすごかったが帰りの事を考えるとこれまでの恐怖が蘇り少し足が震えそうだった







目次↓
http://d.hatena.ne.jp/hukuote/about

ランキングに参加してます。
下のランキングバナーをポチってくれると励みになります。

人気ブログランキングへ